Maker Exhibition 2018 A&W part1


FACE SANS FARD 2018 AW1展示会 2018/5/22 会場:東京都港区白金:本社ショールーム
今回は2018年秋冬第1回目の展示会で、立ち上がりの秋物、シーズンインしてからの秋物、そして一部ですが冬の匂いをもった商品もありました。
本展示会は2018年4月に開催されたのですが、相変わらず、他社との兼ね合いで来社がこの週になりました。
しかし、そういう店舗が多く、相変わらず来社数が多いメーカーです。

秋ということで中心はやはり、カジュアルテイストがベースに流れています。
これはシーズンあまり関係なく最近の傾向のようです。
そして、今回もあまり商品展開が先行し過ぎないように、時期戦を意識して商品をセレクトしました。(素材、デザインも含め)
やはり、"BRAHMIN"は同じカジュアルテイストでもインポート素材などを織り交ぜてベターなカジュアルを提案していました。
2018AW1、"BEATRICEのテーマ"は Street Chic
                    ~ストリート・シック~

秋の温もりを感じるシックなカラー。
チェックやジャガードなどのクラシカルな素材。
女らしさを感じるコーディネートに、スポーティなアイテムやディティールを取り入れて、エッジィなストリート感を演出。。。
今を感じる大人のエレガンススタイルへ。。。

マテリアル・ファブリック
レザー、ファー、エコファー、スェードボンディング、モヘア、ジャガード、チェック、レース、デニム、綿ストレッチツイル、
カルゼ、アーティローザツイル、サテン、タイプライター、圧縮、裏毛、テレコ、ループ、フェザーヤーン、ウールカシミヤ

アイテム・ディテール
ボリュームアウター、ダウンコート、ムートンコート、ジャケット、ブルゾン、ブラウス、Tブラ、シャツ、ワンピース、サロペット、
テーパードパンツ、ワイドパンツ、ミリタリーディティール、プリーツスカート、タイトスカート、ニットワンピース、ニットボトム
異素材ドッキング、刺繍、インターシャ

カラー
モカ、キャメル、ブラウン、グレー、ブラック
レンガ、グリーン、カーディナルレッド

本来ならこのメーカーは展示会場は撮影禁止になっていますが、いつもそうですが、スキを見ながら画像を撮るのですが、今回は商品中心にとったので、ディスプレイ画像がありません。
LOUNIE 2018 Autumn(AW1)展示会 2018/5/23 会場:東京都港区青山:テピアホール
今回のテーマは"VOYAGE"
    ~Departure(July) ⇒Check in(August)~

この秋は『HOTEL』をテーマにコレクションが展開されています。
旅立ちを思った時からが『旅』の始まり。

7月は旅立つワクワク感とリラックスした気持ちをイメージした『Departure(Relax)』をテーマに、
スポーツテイストをMIXしたスタイルを中心に展開されています。
8月は旅先のホテル、街に溶け込むようなスタイルをイメージした『Check in(Retoro)』。
アクティブで都会的な着こなしに、レトロクラシックなエッセンスを取り入れたスタイルが提案されています。

<キーアイテム>
☆進化したトップスのレイヤード
ボトムのレイヤードは夏から引き続き継続。新しさはトップスのレイヤードに。
レースブラウス x ニットカーディガン、ハイネック x シャツ、Tシャツ x シャツorキャミドレス。
☆秋もマスト!テーラードジャケット
無地やチェック柄でダブルブレストのジャケットを展開。キチンと着すぎず、テイストMIXで”遊ぶ”のがオススメ。
☆グレー x ベージュの”抜け”とある配色コーデ。
カラーコーデが街に溢れる今シーズンだからこそ、フッと”抜け”を感じさせるグレー x ベージュに注目!
「マニュッシュだけど女っぽい」がキーワード。
☆ネックに、ヘアに、ウェストに。コーデに最旬のアクセントをくれるスカーフ。

☆スポーツテイストのMXなら、裏毛のトップスがおすすめ。
エレガントなクラシックな着こなしを、今の気分にシフトしてくれます。

<マテリアル(素材)>
☆素材は「ナチュラル感」がカギ。
・春夏に引き続き、コットンをベースに。合繊素材でもナチュラルな表情、肌触りにこだわっています。
一年で一番厚い時期だからこそ、「イージーケア」もポイントにしています。

☆クラシックな「チェック柄」を多彩に展開。 ガンクラブチェック、グレンチェックなど

☆今季のデニム素材にはグレー、ブラックの色展開を加えてアップデート。
☆レース、シフォンなどシアー感のあるエアリーな素材。
☆プリントは鍵モチーフ柄、小花柄、ゴブラン調花柄を展開。

☆今季のアイコンはホテルの「KEY」。プリント柄、ペンダントヘッドに登場。
エレガントなクラシックな着こなしを、今の気分にシフトしてくれます。

<カラー>

日常に「非日常」を呼び込む、ドラマチックな”パープル”と”グリーン”
Basic:ベージュ、グレー、ネイビー、ブラックなど。
Accent:ラベンダー~パープル、グリーンをメインに。ボルドー、イエローなども展開。

今回の展示会訪問も無事終了しました。
今回は他にもメーカー訪問しましたが、展示会が終了していて、飾り付けが無く、サンプル状態のメーカー画像は割愛しています。
次回は2018年8月に”AW2(Winter) Collection”です。



Maker Exhibition 2018 S&S part2


FACE SANS FARD 2018 SS2展示会 2018/2/6 会場:東京都港区白金:本社ショールーム
今回は2018年春夏第2回目の展示会で、初夏物の展示会です。
本展示会は2017年1月中旬に開催されたのですが、他社との兼ね合いで来社がこの週になった店舗が多く、相変わらず来社数が多いメーカーです。

時流はやはり、カジュアルテイストがベースに流れていますが、夏というシーズンを反映した企画の商品も多く、"BRAHMIN"、"BEATRICE"ともカジュアルテイストがベースになった商品が中心の構成になっている展示会でした。
2018SS2、"BRAHMIN"は世界でも一流の素材を使用した、一味違ったグレード感あるカジュアルを強く打ち出していました。

2018SS1、"BEATRICEのテーマ"は Earth feminity
                    ~アース・フェミニティ~

アースカラーを中心に、フラワープリントや刺繍、レースなどフェミニティな要素をプラス。。。
サマーシーズンに向けて都会的な大人のMIXスタイルを提案。。。、

マテリアル・ファブリック
ハイテンション、サテンストレッチ、バックサテンジョーゼット、
麻ストレッチ、フラワープリント、キュプラテンセルサテン、
ダンガリー、タイプライター、カールマイヤー、ローン、麻調合繊
リネン天竺、ガス焼きフライス、シルケット天竺、ベア天竺

アイテム・ディテール
ブルゾン、ジャケット、セットアップ、ブラウス、シャツ、
ワイドパンツ、テーパードパンツ、 ガウチョパンツ、プリーツスカート
タックスカート、タイトスカート、刺繍、異素材MIX、バイオ加工

カラー
オフ、キャメル、カーキ、ネイビー、ブラック
オレンジ、レッド、グリーン

本来ならこのメーカーは展示会場は撮影禁止になっていますが、いつもそうですが、今回もスキを見ながらディスプレイ中心に画像を撮りました。
ALDRIDGE 2018 SS2展示会 2018/1/31 会場:福岡市中央区大名 THE VILLAS FUKUOKA
今回は2018年春夏2回目の展示会です。
今回は東京本社展示会ではなく福岡店に伺いました。
この会場は従来、結婚式場で落ち着いた雰囲気で商品がよく見えるのが欠点です・・・
今のトレンドの継承が多かったのですが、 カラーはメインとしてベージュ系、グレー系、ネイビー系ですが、アクセントとしてイエロー、ピンク系、グリーンなどのクリアなカラーも目につきました。
しかし、春からそうですが、ポイントカラーが先行して動いています。
LOUNIE 2018 Summer展示会 2018/2/8 会場:東京都港区青山:テピアホール
今回のテーマは"Clean&Relax, Rustic&Active"
春に引き続き『ナチュラル』、『フェミニン』なスタイルをベースに。
前半の3月はレイヤードスタイルを打ち出した『Clean&Relax』、
後半の4月はワントーンコーディネートやリゾート感をプラスした『Rustic&Active』をテーマに構成したコレクション。
夏のアイコンは”サボテン”。総柄プリントやワンポイントプリントなど、遊び心のある提案がされています。

<キーアイテム>
☆人気継続の”テーラードジャケット”
無地やチェック柄でダブルブレストのジャケットを企画。
キャミソールのブラウスやワンピースと合わせて、"女ぽっさ"が際立つ抜け感スタイルに。
☆最旬の”レイヤードスタイル”はテイストMIXが鍵。
スリップドレスにTシャツなどのコンパクトトップスを重ねたり、パンツを組み合わせたり。
エレガントとスポーツの掛け合わせが新鮮です。
☆素材 x 素材による絶妙なワントーンコーディネート。
トップスとボトムス、それぞれ別素材で作られたアイテムを、敢えて同色系でまとめて。
☆ボリュームボトムス
ワイドパンツ、スカウチョ、フレアスカートなどは、今年らしくナチュラルな素材にアップデート。
☆弾む、踊る、イレギュラーヘム。スカート、ワンピースのヘムラインに変化をつけたデザイン。
☆ジャケット、スカート、ワンピースなどは、ボタンをアクセントにしたデザインで鮮度アップ。

<マテリアル(素材)>
☆ナチュラル感のある素材、コットン、麻をベースに
・ハリ感のあるチノやタイプライターは春に引き続き注目素材です。ナチュラルな肌触りの合繊も。
☆清涼感、軽快で大人っぽいギンガムチェック柄
☆天然繊維で編まれたざっくりしたローゲージニット。厚みがありながら涼しさを感じる編地。
☆レース、シフォンなどシアー感のあるエアリーな素材。
☆リゾート感と大人の遊び心のあるLOUNIEのオリジナルプリント。
サボテン柄、パイナップル柄、大花柄。


<カラー>
大地のパワーを感じるカラーパレット。
Basic:オフ、グレー、カーキ、ネイビー、ブラック、ベージュ、ブラウン系の色味がポイント。
Accent:グリーン、イエロー、オレンジをメインに。サックスやブルー系も。

今回はこれで展示会訪問も無事終了しましが、LONIEが撮影出来なかったのが残念でした。
次回は2018年5月に”AW1(Spring) Collection”です。



Maker Exhibition 2018 S&S part1


FACE SANS FARD 2018 SS1展示会 2017/11/7 会場:東京都港区白金:本社ショールーム
今回は2018年春夏第1回目の展示会で、立ち上がりの春物、時期戦春物、そして一部ですが初夏の匂いをもった商品もありました。
本展示会は2017年10月に開催されたのですが、他社との兼ね合いで来社がこの週になった店舗が多く、相変わらず来社数が多いメーカーです。

時流はやはり、カジュアルテイストがベースに流れていますが、春というシーズンを反映したオケージョンテイスト企画の商品も多く、久々に"BRAHMIN"らしさを感じられる展示会でした。
ただし、今回はあまり商品展開が先行し過ぎないように、時期戦を意識して商品をセレクトしました。(素材、デザインも含め)
ただこのシーズンに不可欠なスプリングコートはグレード感を意識したものをセレクトしています。

2018SS1、"BEATRICEのテーマ"は Melancholic Bloom
                    ~メランコリック・ブルーム~

フェミニンとエッジのコントラストを効かせた大人のMIXスタイル。
フォムルやディテールに遊び心を加えて、
モダンなミニマルスタイルを提案。。。

マテリアル・ファブリック
タフタ、軽量ナイロン、ジョーゼット、サテン、楊柳、タイプライター、デニム、サテンフラワープリント、チュールフラワー刺繍、ポンチ、天竺ボーダー、キュプラツイルジャージ、丸胴テレコ、コットンハイゲージ、ラメニット、コードヤーン

アイテム・ディテール
トレンチコート、Aラインコート、ブルゾン、テーラージャケット、ブラウス、Tブラ、シャツ、ワイドパンツ、ベーカーパンツ、テーパードパンツ、プリーツスカート、ギャザータックスカート
フリル、ギャザー、スポーティディテール、刺繍、インターシャ、アシンメトリー、異素材MIX

カラー
ベージュ、カーキ、グレー、ネイビー、ブラック
ピンク、イエロー、グリーン

本来ならこのメーカーは展示会場は撮影禁止になっていますが、いつもそうですが、今回もスキを見ながらディスプレイ中心に画像を撮りました。
ALDRIDGE 2018 SS1展示会 2017/11/7 会場:東京都渋谷区恵比寿南:本社ショールーム
今回は2018年春夏1回目の展示会です。
今回は展示会が終了して、ロビーの生花が無かったので、残念でした。

デザイン的には基本他社、同じスタンスですが、ニット・カット専業メーカーですので、それなりの商品もあります。
今のトレンドの継承が多かったのですが、 カラーはメインとしてベージュ系、グレー系、ネイビー系ですが、アクセントとしてイエロー、ピンク系、グリーンなどのクリアなカラーも目につきました。
しかし、現在ではこのポイントカラーが先行して動く気配が十分にあります。
LOUNIE 2018 Spring展示会 2017/11/8 会場:東京都港区青山:テピアホール
今回のテーマは"Retro & Natural, Healthy & Airy"
『ナチュラル』、『フェミニン』なスタイルをベースに。
前半の1月はコットンなど天然の素材感や雰囲気、色、そして”チェック柄”を打ち出した『Retro & Natural』、
後半の2月は軽やかでしアー感のある素材にスポーティな要素を加え、『Healthy & Airly』をテーマに構成したコレクション。
春のアイコンであるスワンモチーフをポイントに、エレガンスなスタイルが提案されています。

<キーアイテム>
☆”テーラードジャケット”回帰!エレガンスが香るNEW STYLE
無地やチェック柄でダブルブレストのジャケットを企画。
マニッシュ x フェミニン、キリッとしたイメージに”抜け”を加えることで女ぽっさが際立ちます。
☆流れるようなフリル、ラッフルデティール
優雅なスワンを思わせるマーメイドラインのラッフルスカート、フリルをあしらったトップス。
☆ウェストマークのスタイリング
サッシュベルトやナローベルトなど、ウェストを見せるスタイリング。
☆継続トレンドのボリュームボトムスは素材でアップデート
ワイドパンツ、スカウチョ、フレアスカートなど、今年はナチュラルな素材で提案。
☆”袖コンシャス”が春を席巻!
袖にボリュームを持たせたシルエットはブラウス、プルオーバーだけでなくアウターにも。

<マテリアル(素材)>
☆ナチュラル感のある素材、コットンをベースに
・注目はハリ感のあるチノやタイプライター。ナチュラルな肌触りの合繊も。
☆軽やかな素材で提案するグレンチェック柄
☆シアー感のあるエアリーな素材。レース、チュール、シフォンなど。
☆配色を効かせた柄。ストライプやボーダーなどの定番柄の他に、カラーブロッキング、スポーティなライン使いなど。
☆女性のパワー、魅力を引き出すLOUNIEオリジナルプリント。
アーティスティックな花柄、パネル柄、スワン柄。


<カラー>
スワンのように凛としたオフを基調に、ナチュラル&エアリーなカラーバリエーション。
Basic:オフ、エクリュ、ベージュ、グレー、ネイビー。
Accent:オレンジ、ライム、サックス、ラベンダー、ピンク。

今回の展示会訪問も無事終了しました。
次回は2018年2月に”AW2(Winter) Collection”です。