Message

予約案内ページ2へ

ようこそ予約販売(プレオーダー)ご案内ページへ

このページと次のページは試作的に始めている次シーズンまたは途中オーダーの商品を予約して購入する方法についてのご案内です。
これらのページで概念そして予約購入の方法を説明しています。


※予約商品サイトは上メニューPRE ORDERからリンクしています。
スマートフォンの場合は機種によって違いますので一慨には言えませんが、右上の三本線か画像が何かをタップしてメニューを表示してPRE ORDERをタップしてみてください。

CONCEPT

予約注文の基本概念

1.予約購入をされたお客様は、次シーズンまたは近々入荷予定の商品を一番最初に見れる優先権があります。

2.予約された商品が店舗へ到着したらラインまたはEメールでご連絡致します。
お手数ですが基本3日以内に店舗にご来店されてご予約された商品をご確認ください。

3.そしてお気に召したらご購入ください。
最近よく予約販売という言葉が見られますが、そのようなサイトは先に決済をして予約商品を購入しなければいけません。ここが一番違うところです。

4.予約してご購入して頂きましたら、ほとんどすべての商品が定価より5%から10%OFFで購入できるメリットがあります。

5.オーダーの返信時点で自動送信の「ご注文メール」とは別にライン・Eメールでオフ率をご案内致しますので、返信のラインまたはEメールをよくお読みください。

6.来店する時間がなく、商品を見ないでもご購入される方はご自宅またはご指定の場所へ商品をお送りいたしますのでその旨ご連絡ください。その場合、商品によっては送料が発生する場合もあります。

【予約注文が無くて入荷した商品】
PRE ORDERサイトには入荷済みと記載され、購入ボタンが品切れに変更されグレーアウトしていますので、そこからの購入は出来ません。
店舗ないしWEB SHOPから通常価格でご購入ください。

※以下はこの企画を考えた時点に自分の考え方を最初に書いた文です。
よって今現在のやり方、考え方と相違する点もあるかもしれません。
その点はご容赦ください。
またご興味のない方、もう既にお読みになった方は読み飛ばしてもらっても結構です。



コロナ禍になってからまる2年が経ち、もう3年目に入りました。
そして近頃はお客様の服に対しての 意識が変化 してしまったように感じます 。
どういうことかというとこの約2年強の間に 服に対する価値観 を持ち続けているお客様 が非常に減ってきているようです 。残念ですが、これは紛れもない事実だと思います。
これも所謂2極化減少ではないでしょうか 。


自分の事を書いておこがましいのですが、ちょっとだけ書かせて頂きます。
私は大学を卒業してすぐこのアパレル業界に携わりました。

その時代、世間ではこの業界のことを所謂、ファッション業界と呼んで、結構憧れられた仕事でもありました。しかし、見た目とは裏腹で結構肉体労働も多く、けして綺麗なだけな職業ではありませんでした。
まず私は今やっている小売業ではなく アパレルメーカー からスタートしました。
その頃は” 服が好きな人間が、好きだからアパレルメーカーに入社する ”という風潮があり、自分もその中の一人でした。
それと他の業種と比較すれば給料は低いが好きだから続けられるという気持ちを大方の人は持っていました。


そして今想えばその時代は結構高額ではあるが質感のあるものはどんどん売れて売れていく本当に楽しい時代でした。
自分達が貰っている所得と比較しても服の値段が今と比べると結構高額な時代でもありました。 今の若い方は想像が出来ないでしょうが・・・・・


そうこうして楽しんでやっている内にあの バブル が来て、それはそれは絶頂期を迎えました。


しかし残念ながら何事もいつまでも上手くは行きません。
私はこの時点ではアパレルメーカーから小売り業に代わっていました。
そして バブルが弾け 世の中の経済状況はどんどん悪くなり、そして留めは リーマンショック です。
それからの世の中は低価格志向 になり服の値段もどんどん下がって、そういう安い服を購買する人が増えていきました。


しかし、全ての人がそうなったかと言えば決してそうではありませんでした。
やはりいいものが好きな方はそういう安物では満足しませんでした。

当店も一時期は世の中の流れに流され、ロープライス商品を導入しました。
しかし、それは失敗でした。 お客様が当店に求めているものは 感覚が良く、質感もある商品 を求められていたのです。


そこで初心に立ち返り、仕入れ先などをまた再構築しお客様が満足できるメーカー構成に戻して行きました。 そうしたらまたお客様も戻って来て、更に新しいお客様も増えました。
しかし、その頃は時代が変わってしまっていたので、売り上げは当然昔のようには上がりませんでした。


そうこうしているうちに今猛威を奮っている新型コロナウィルスが出て来て、世の中は大変なことになってしまいました。
度重なる 緊急事態宣言、不要不急の外出自粛要請 が出て、外出が抑制され自宅に籠った状態の方が増えて、そうこうしているうち 服に対する価値観が変わってしまった方が多くなりました。
要するに行く場所、行く機会が無いのでいい服は要らない、普段着でいいという感覚も持った方が多くなりました。
そうなるとこの業界も大変な事になりました 。
驚きましたが、以外とこの業界はあまりコロナとは関係がないと思っておられる方が多いのです。


しかし、この業界は不要不急で持っている業界です。 もちろん目的があって購買する方のおられますが、大半はこの不要不急で購買されているのです。
そして変わってしまった時代にどのように対処していったらいいのか考えました。

勿論「ネット販売」もやってみました。

SNSなどを使用し来店を促してみましたが、当店の顧客層からみてそれらを駆使出来る方はほんの一握りのお客様でしたので、効果はありませんでした。

そして更に残念なことには服に対して一旦冷めた気持ちはなかなか戻らないようです。

しかし、 ”それでも服が好き!!”というお客様もまだまだいらっしゃるのです。

これは本当本当に嬉しいことです。

そういうお客様は常にシーズンを早くから捉え、”今の気候がどうだから・・・”っていう事はあまり言われません。
自分がどんなものを次シーズンまたは当シーズンに着たいかを優先して考えられておられます。
そして好きなものを買ってその服を着るタイミングが来たら着ればいいだけのことですから・・・

コロナ禍になって来店数が減っているので、今は商品の在庫数もセイブしています。
そうでなければ大変な事になります。
そしてなるべく売れたら入れ売れたら入れというように細かにやれればいいのですが、アパレルメーカーは生産ロット数を減少させ余剰在庫も持たない方針のところが多いのです。
商品が動いてからオーダーを掛けてもその時は在庫が無い場合がほとんどです。


どうかしたらお客様のご来店のタイミング次第ではお客様が欲しかった商品を買い逃すということもあります。

そこでこの予約販売システムをやってみようと思いました。

ちょっと前に2022春物(但し当店がオーダーしている商品)の一部を現行のウエブショップにアップしてみました。 ひっとしたらこの時点でもご覧になられたお客様もいらっしゃるかも知れません。
しかしそのショップサイトのシステム上、現状販売している商品と同じページにアップした予約商品が入ってしまいます。ただ「カテゴリー」から「予約商品」を選択すれば予約商品だけのページで見ることは可能です。


そしてある程度のウェブショップとしての一般的な形は作りました。

が、私の目的からいえばまだ思うような結果になれずまだ完成はしてない状態です。
しかし 、世間一般の方(当店の顧客様以外)から見れば完成しています。
何か分かりにくい表現になっていますが・・・・
ですから、当面は通常のウエブショップの商品ページを使用してやろうと思っております。

そして色々考えてみます!

今現在は商品入荷などのお知らせは入荷した時点でブログをアップし、その後スマホサイト商品ページに商品画像を掲載しています。
これは今後も継続していくつもりです。

シーズンインしてからはこのシステムは結構見てくださるお客様も多いからです。

しかし、そこそこシーズン中に商品を購入されたお客様はセール時期になったらセール商品には余り関心を示されません。
その時期になれば次シーズンの商品はどんなものかな?というような気持ちをお持ちだと思います。
そのようなお客様に対しては専門店側はそのようなニーズに対応する義務があると思います。
そのような事も予約販売をしてみようと思った一因でもあります。


予約販売商品に対する考え方

WEBSHOPの「予約注文する 」というボタンをクリック(タップ)するとカートに入ってしまうので、上がり次第通常の購入ということになってしまいますので、この点をどうしようかと思っています。 私の気持ちとしては当店のお客様には出来ることなら、この 予約システムを「仮注文」 としたいのです。

どういうことかと言うと「 予約を入れたお客様が一番にこの商品を見る権利がある 」ということです。

その商品に対する優先権 も持ったということです。

そしてまだはっきりと決めていませんが、限定された日数内に店舗へご来店頂き、商品を確認してもらうというシステムを考えています。

これなら お客様にリスクは掛らないし優先権もある ということで納得していただけるのではないでしょうか !
また先にも記載しましたが現状では既存のウェブペーショップにアップしている状態なので、今現在、このシステムはどなたでも(当店のお客様を含めすべての人)使用可能 です。
但し、これを利用するには所定の決済方法で先に決済して頂く必要があります。
これが私の考えと異にするところですので、これをこれから解決していかないといけないと考えています。

 

またこの予約販売システムをご利用して予約商品をご購入頂いたお客様には何か特典を付けることを考えていますが、まだ具体的には決定していませんので、決定次第何かの形で公表させて頂きます。

これからいろいろ考えながら、何とか 自分の意に近づく方法 はないか考えながらやってみます。

Production circumstances

この購入方法をやってみようと思った一因は「コロナ禍」にもあります。
元来は「店舗の対面販売」がほとんどで一部Web Shoppingも行っていましたが、それはほんの少しに過ぎません。
しかし、対面販売が今も基本だとは思っていますが、先に記載した「予約販売」も 現在の世情を感が見て、今後非対面販売と共有できる部分があると思いこのページを作成しました。